くり返し見る夢

 

 

f:id:soboku-kobe:20170109203720p:plain

https://jp.pinterest.com/pin/343610646552672202/

「自分をコントロールしようとするのをやめたらラクだ」

 

くり返し見る夢「キャプテン・アナウンスメント」

 

K子へ。

もう何のかかわり合いもないのにいまだに、昔の自分の夢をときどき見るのです。
数年来、シーンは同じでこんな夢。

しばらくゆっくりと
長い休暇を楽しんでいた自分にとって数日後には
久々の仕事、次のフライトが待ち受けている。
(だんだん緊張しはじめる)

そろそろパッキングしはじめよう。

キャプテンアナウンスメント、大丈夫かな。
(ここであのスーパーバイザーの顔を思い浮かべる)

ところでキャビンバッグどこになおした?
え~全く思い出せない!なんで~?
(冷や汗がじんわりでてくる・・・)
そこでハッと目が覚める。

そんなわけないだろって・・・。

これ一体何なのでしょうね。
私だけ?

あと、このごろやっと開放されたけれど
目覚まし時計の前にいて
「鳴らなかったらどうしよう・・・」「遅れたらどうしよう・・・」
とやたら不安がる夢。

実はロス便のブリーフィングに
遅刻してしまったことが一度あり
(予約したタクシーが来なかったせい)
あの大失敗が強烈なトラウマに?なってたかもしれません。

今まで生きてきた中で
一番、はりつめた緊張感を持ち、肩肘張って、背伸びした
仕事と生活両方に体当たりしてた一種の後遺症?
かもしれないなと自笑しつつ、
遠い過去の強烈な?思い出に
懐かしく感じ入ることがつい先日もありました・・・。

極度の緊張感から開放してくれる長めのお休みは
あの頃、自分にとって最高のご褒美でした。
そのために働いていたようなものです。

 

 

休暇から次のフライト勤務までのつなぎの時間に一番プレッシャーを感じていたように思います。

その後は目覚ましに時計に不安を感じることはなくなったのですが、いまだにキャプテンアナウンスメントの日本語訳を担当することになってものすごく緊張している夢をたまにみます。キャビンバッグが見当たらないシーンも同じです。